低身長治療外来でお子様のコンプレックス改善に導く方向性が見られるの?

低身長治療外来の実態!治療費なども細かく解説させていただきます。

 

低身長治療外来って何?治療費はどれくらいなのか気になる人も多いと思いますので紹介します

 

身長を伸ばしたい人の為に低身長治療外来があるって知っていますか?
低身長治療外来には進化ホルモン診療・骨延長オペ・甲状腺ホルモン診療があります。

 

 

進化ホルモン診療は幼児の低身長診療に使われます。
進化ホルモン診療は不足している進化ホルモンを投与するという診療だ。

 

1本、70,000円ほどで1カ月には1.5書籍ほど打つお子さんが多いので平凡に10万ほどの
支出がかかってしまうのが現実ですね。

 

 

こういう進化ホルモン診療は低身長だとわかったら直ちに始めてほしい診療だ。
進化ホルモン分泌不全性低身長症・SGA性低身長症・ターナー症候群やプラダ―・ウィリー症候群で起こる低身長症・
軟骨無構築症・軟骨低構築症・慢性腎不全にともなう低身長症などによって低身長になっている場合は保険が適用されます。
また進化ホルモン診療は、自宅でそれぞれや親子が注射することができます。

 

骨延長オペは整形外科で骨を延長するオペをすることができます。甲状腺ホルモン診療は低身長の原因となる甲状腺動作弱化症を治療します。
甲状腺ホルモンが不足していて低身長になっているのであれば、甲状腺ホルモンを投与するという診療を行います。

 

低身長を診療で治すってなんだか大変そうですね…
ドクター・セノビルのようなサプリメントを自宅で、とることができる
身長促進サプリメントを服用するのが最善の方法でしょう。