父親と息子の関係がぎくしゃくして、喧嘩が絶えない反抗期の正しい応対について

誰でも中学校や高校の頃に、反抗期を体験してきたことでしょう。
大人になって振り返れば、特に原因は思い当たらないのに、凄い胸中病状が続いたと思います。
つまり、反抗期の原因はわからない上に、どうして解決したら良いかも厳しいのです。
では、親はどのように子に接していけば良いのでしょうか。

 

 

反抗期がひどくなる原因のひとつに、自立したいという心病状があります。

自分の期間を仕掛ける上で、身寄りと距離を置きたくなり始める時世だ。こういうときに、親がしつこく構ったり、近くと共にいらっしゃる期間がとれないと、イライラしてしまう。
逆に、距離があきすぎていることも、反抗期の原因になります。僕をちゃんと見て知ってほしいという欲を、素直に吐き出すことが出来ないために、プレッシャーがたまってしまう。


他にも、他人と比較したときの自分に酷い引け目を抱いてしまうこともあげられます。優れているパーツよりも敗れるところにまぶたが行きやすいので、頑張ろうという本心が失われ易くなっているのです。

 

特別耐えるのは、反抗期に殴り込みしてしまった自己だ。ですから、勢いづくで抑えようとするのはやめましょう。また、頭に血液がのぼっているときに問題を長引かせるのも良くありません。互いに冷静に話せる状態になるまで、焦らず期間を待ち受けましょう。
まずいのは自己ではなく、素行だ。単語が荒くなったり帰宅期間が遅くなることは、多少リミットを広げるくらいの判定は必要です。但し、抗戦条件があまりに苦しい場合は、ポリス沙汰になる前にそばへ交渉やコラボレートを求めて下さい。

 

おとなも頭に血液がのぼって、冷静に問題が出来ないことがあります。
反抗期の子が、落ち着いて問題が出来ないのは、誰もが理解出来るはずです。
ですから、おとなも本心を抑えるために、道楽の期間をもうけるなどをして、自分の期間を作ってみましょう。互いに気晴らしも必要ですよ。